賃貸物件は、契約を取り交わすと法的効果が期待され、賃借人より賃貸人を保護する契約が多いです。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸と契約と法的関係を考えます。

PAGETITLE
日本は欧米社会に近づいて、契約社会に移行していく変遷がありました。契約社会は、細かくて規定が多く、専門家しか適切なアドバイスができない状態に入り込みます。それが契約社会の厳しさと合理主義に思えますが、それだけでは争いものとをつくるだけになります。訴訟社会と判例主義が、重罪なる裁判員制度導入がそうさせてきたように、専門知識で判断できない、人の知識を要求し参考にする時代で、法的知識がない人に成敗を下すこと自体は多少無理があります。

裁判は素人を集める学習会ではないはずですが、とても身近になってしまった法社会です。是非論はともかく、契約社会は、法と密接に関係するため、賃貸人側に有利か、入居人に有利かによって、契約内容は異なります。退去後のあと始末は、配慮が利いた、いい賃貸人は、自費で新しい入居者に気に入れられるように、改装し配慮がきくものです。

契約社会は、法規社会と密接に繋がりますが、どちら側の法規になるかによって使い方が異なります。賃貸側か、それとも賃借側か、です。現在は定期賃貸借と自動更新の問題がよく取りだたされています。契約期限が切れたら、自動更新なのか、もう一度仕切り直し契約をするかどうかになります。仕切りなおしたとき、契約自体を考えて、居住者は引っ越す場合はあります。配慮がよくできている住居は居心地がいいため、滅多に引っ越そうなんて思わないものです。事業者は顧客ニーズを適格に捉えなければ事業はできません。事業と言っても、細分化すれば分類多岐になる現在社会ですが、不動産事業者に提言する文面になってしまいました。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.