賃貸の方法というのは、いくつかあり、一つは期限が定めがあるもの、もう一つは定めのないものです。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸の方法についてのこと

PAGETITLE
賃貸のやり方というものは、いくつかあります。つまりは、物件を借りるときにどんな形で借りるのか、ということです。一つは期限を定めて借りることです。期限を決めることはできたのですが、借り手には更新をすることができる権利がありましたので、事実上、ずっと契約できることになっていたのです。過去形なのは、そうした契約以外もできるようになったからです。もちろん、借り手に更新の権利を持たせる契約もできます。もう一つの賃貸のやり方は期限を定めることです。これは借地なのか借家なのかによるのですが、とにかく期限を決めることができます。借地の場合は五十年、という期間が最低の年数になりますから、注意が必要です。借家の場合は期限は自由に決めることができます。この契約は更新はなしです。確実に契約は満了することになります。

ですから、貸し手としては賃貸物件の経営、投資計画をかなり立てやすくなります。また、立ち退き料などの心配もありませんから、安心して貸すことができます。貸し手が有利になったわけですが、貸しやすくなった、ということは借り手から見れば、借り易くなったわけですから、メリットは十分にあることなのです。更新の権利のある賃貸契約はなかなか信用がないとしてくれないのです。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.