定期借家賃貸契約というのは、貸し手に有利なのですが、借り手にも借り易くなっている、という利点があります。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

定期借家賃貸契約で家を借りるメリット

PAGETITLE
基本的に家の賃貸契約は借り手が有利なものです。更新するかどうかの決定を殆ど借り手が握っているようなものであるからです。貸し手は契約の更新をしたくなくても相当な理由がない限りは続ける義務があるからです。これは借り手の権利を守るためにあるのですが、これが理由でなかなか貸さない、ということが起きているのも問題になっていたのです。しかし、そこで定期借家契約というものができるようになったのです。これは平成12年に施行されたものであり、まだ借地借家法では新しいものです。これによって、確実に期間を定めて家の賃貸契約ができるようになり、貸しやすくなったのです。

もちろん、借り手の権利が一部、削られた、ということになりますが、それでも借り易くなった点はかなりの利点であるといえます。貸し手も確実に契約を満了させることができますから、安心して貸せるのです。ちなみに更新をすることは絶対にできないのですが、再契約はできます。新しく契約をすることになります。それと借地契約などとは違って、期間が法律で決まっていないので、好きにすることができます。借地契約ですと数十年単位になりますが、定期借家契約の期間は自由なのです。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.