定期借家契約で賃貸物件を借りることは貸し手のほうが有利になっています。それでも借りる価値はあります。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

定期借家契約で賃貸物件を借りる

PAGETITLE
賃貸契約というものは、どうしても借り手が有利だったのです。何故かといいますと更新するかどうか、ということは事実上、借り手に決定権があったからです。一応は貸し手にも正当な理由があれば、解約できるのですが、極めて難しいことです。ですから、借り手が物凄く有利だったのです。だから、貸し手は賃貸契約はかなり慎重に行うことになっていたのです。しかし、定期借家契約というものができるようになって、それが変わってきているのです。これは確実に期間を定めて、契約を満了させることができる賃貸契約です。これは例外なく、更新できないことになっています。ですから、貸し手としては投資の計画が立てやすくなっているわけです。こう見ると貸し手が有利で物件の賃貸契約に関して、借りての権利が弱くなったと見えますが、確かに弱くはなったのですが借りやすくなった、ということでもあります。

今まではなかなか物件を貸したがらない、或いは物凄く審査を厳しくしていたところも期限を定めて貸すことができるようになり、少し基準を緩めても大丈夫になったのです。ですから、定期借家契約で賃貸物件を借りる価値は借り手にもあるのです。お互いにメリットがあることです。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.