賃貸は収入状況によりすぐ引っ越せますが、ローンはそうはいきません。その人によりますがどちらも利点があります。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸と収入についての話

PAGETITLE
持ち家の一軒家を買うというのは長年の夢であることは間違いないと思います。しかし長期のローンを組む場合どうしても今の状態が続くことが前提にあり、それが崩れたときはかなり厳しいことになると言わざるをえません。ですから下手にローンに手をだすよりも賃貸に住むことをおすすめします。

持ち家と賃貸を比べるときはたいていかなりの長期にわたります。これは正しくもあるのですが人間は変化するものですし、建物も老朽化します。そういった部分もあるとなかなかどちらがよいとはいえないものです。ローンで購入した場合もし本人に何かあった場合も同一の金額が求められます。しかし賃貸ではその生活状況によって手狭なところにすぐ引っ越せばすむのです。もちろん後々さらに出世、なんてことがあればよりよい場所にひっこすこともできます。人間未来を確定してわかることなどないですから、何かあっても大丈夫なようにしておきたいものです。

家というのは本人たちのためにあるものです。ですから家のために働くのではなく、自分のために家があると思うと、気軽に引っ越しができたりする道具のような感じな扱いができることはいいものなのではないでしょうか。借り物だからといってそれに思い入れをしてはいけないということもありませんし。自分がどう思うかが肝心です。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.