賃貸物件の下見は重要です。物件の最終的な決断は下見の後に行うからです。ポイントを見落さないようにしましょう。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸物件の下見はとても重要

PAGETITLE
賃貸物件の下見は、とても重要な作業です。物件の最終的な決断は、下見の後に行います。大事なポイントを見落としていて、住んでから気づいて後悔した、ということがないようにしましょう。駅からの距離は物件情報に記載されていることがほとんどですが、必ず自分で歩いてみるようにしましょう。個人差がありますので、思ったより近かった、逆に遠かった、なんてこともよくあります。通学・通勤で毎日利用するという人は、特に気をつけましょう。

お子さんがいる場合は、周辺の道路や交通量を確認しましょう。車の出入りがあまりに激しいと、お子さんをひとりで歩かせることに不安を覚えてしまいます。エアコンは設置されているかどうかを確認します。エアコンは高い買い物ですので、住んでから無いことに気づくと、かなり痛い出費となってしまいます。設置されている場合には、型式が古いのかどうか確認しましょう。あまりに古いと、電気代が高くついてしまいます。ごみ置き場にも目を配りましょう。あまりに汚かったり乱雑にごみが置かれている場合には、そこの住人のマナーに対する意識が低いことが分かります。マナーが守れていない住人と、同じ物件には住みたくないものです。

注目のキーワード

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.