賃貸物件に住んでいるときの起きやすいトラブルは、退去時の清算です。このトラブルを防ぐための注意点。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸物件に住むときの注意点

PAGETITLE
賃貸物件に住んでいるときに、一番起きやすいトラブルといえば退去時の清算でしょう。多くの人が契約時に敷金を払っていると思います。基本的に問題がなければ戻ってくるお金ですが、掃除やリフォームなどをするとかかった費用が引かれます。この金額のトラブルが多いです。このトラブルを防ぐためにはどうしたらよいでしょうか。

一番重要なのはきれいに住むということです。まず、リフォームや清掃が必要なければ、金額のトラブルが起こることもありません。部屋をきれいに使い続けることが重要でしょう。汚れはこまめに掃除をして、落とすようにして下さい。住んでいるときに部屋に傷をつけたりや壊したりすると、その修理の費用を払わなければいけません。部屋備え付けられているのは、大事に扱って下さい。とくに襖を破いてしまった、畳に傷があるという例が多いので、気を付けましょう。

また、入居時も注意が必要です。入居時は部屋の隅々まで確認して下さい。とくに汚れていないか、傷がついていなかを確認します。汚れているところや傷がついているところがあれば、写真で残しておいて下さい。自分が汚したものではないことを退去時に証明するためです。これらのことを気を付けていればトラブルは避けられるでしょう。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.