新築ではないレトロな中古物件やリノベーション物件を賃貸する際に気を付けたいポイントについて説明いたします。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

リノベーション物件を賃貸する際の注意点

PAGETITLE
中古住宅の流通促進に伴い、新築住宅やマンションよりも中古物件やリノベーション物件を賃借する方が増えています。そんな中古、リノベーション物件を賃貸する際に注意したいポイントや新築住宅との違いについて説明いたします。第一に確認すべき項目としては賃貸する物件の竣工年です。竣工年とはその建物が建って、役所による検査が済んだ時に発行される検査済証という書類に記載される年のことを言います。

中古物件や中古物件をリノベーションした物件にはこの検査済証が残っているものは少なく、竣工年を調べることは困難かと思いますが必ず竣工年は確認しておきましょう。その竣工年が昭和55年以前であれば、その建物は現在の建築基準法により規定されている耐震性が不足している状態にあります。しかしこれは既存不適格という状態であり、違法な建物ではありませんが、もしそのような建物であった場合は耐震性に不安を抱えたまま、そこで生活するリスクを十分に考えましょう。

どうしてもこのような建物で生活したいという場合は、その建物の耐震診断を実施し、現行の耐震基準を満たしているかどうかを確認することも可能です。その物件が戸建住宅であるならば、耐震診断はある程度の費用で実施可能ですが、マンションのような集合住宅の場合は耐震診断を実施することは困難です。すでに診断を住んでいる物件で現行の耐震基準を満たしているならば問題はありませんが、診断していない集合住宅を診断する費用は高額で、他の住民の同意も必要なので、耐震性を確かめることは困難を極めるでしょう。このように中古物件やリノベーション物件には耐震基準をよく確かめることが安全に生活する上で非常に重要となります。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.