賃貸に住むことのメリットとデメリットはいったいなんなのでしょうか。賃貸に住み続けることはいいこと?

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸に住むことのメリット、デメリット

PAGETITLE
賃貸に住んだことのある人はたくさんいらっしゃるでしょう。家賃と共益費と更新費用を支払えば、他には支払うことなく住むことができます。メリットとデメリットはいったいなんなのでしょうか。メリットとしては、建物が古くなった場合のメンテナンス費用がかからないということです。持ち家では、全て自己負担です。賃貸はオーナー負担になるので、外壁の塗り替えなどの費用はかかりません。

また、固定資産税などもなく、あくまで家賃と共益費と更新費用、借りているならば駐車場といったところでしょうか。持ち家ではローンや管理費用、修繕費なども積みたてていかなければなりません。一方デメリットとしては、自分の資産になることがないので老後になってもずっと払い続けなければいけないということです。年金生活で家賃を払い続けるのは苦しいでしょう。また、資産としておけば子供、孫の世代に受け継ぐことができます。若いときにローンなどはありますが、将来のための投資として持ち家を買う人は大変多いです。そして賃貸もいつまでも賃貸として貸してくれる保証はありません。オーナー都合で、解約の可能性もあったりするのです。その場合、引越し費用などもかかりますし、住む家を早急に探さなくてはなりません。よって、若いうちは賃貸で構わないと思いますが、家族ができて将来を見据えていくのならば、持ち家という選択肢を検討することが必要でしょう。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.