賃貸仲介業者はどのような仕事をしているのか、どのような役割があるのかなど、私の経験を元に書いています。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸仲介業者について。

PAGETITLE
賃貸仲介業者とは、大家様とお客様の間に入り、お客様に物件を紹介する業者のことです。この業者はお客様に紹介する際に生じる仲介手数料で主な利益をあげています。メリットとして、仲介なので自社で物件を所持する必要性がなく、ローリスクの経営ができるところだと思います。しかし、自社で物件を所有しない分、大家様の元に足を運び、契約を取らなくてはいけません。これが物件仕入れ業務というものです。仲介業者はお客様に紹介できる物件が多ければ多いほど良いです。ですから、紹介できる物件を仕入れる物件仕入れ業務も大切な業務の一つです。この業務は、基本的に大家様の自宅に飛び込み営業をするので、門前払いされることも多々あります。非常に大変ですが、契約をする際に大家様と金銭的なやりとりがないので、しっかり話しを聞いてくれる大家様なら比較的簡単に契約してくれます。金銭のやりとりがあるのは、お客様に大家様所有の物件を紹介した時です。

私もこの業務をやったことがありますが、大家様との信頼関係が非常に大切な仕事だと思いました。やはり大家様も信頼できる人としか契約したくないと思うので、信頼を得ることこそ成功する秘訣です。空き物件があると、その分大家様からしたら収入が減るので、大家様の立場からしても空き物件を早くなくして、家賃収入を得たいと思っています。ですから、賃貸仲介業者とは、大家様もお客様も仲介業者にもメリットがある、いわばウィンウィンの関係が成立する非常に素晴らしいビジネスだと思います。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.