賃貸のお部屋探し上、忘れがちな部分はありますが、上の階の方がどちらかというとメリットが多いイメージがあります。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸のお部屋探しで忘れがちな部分

PAGETITLE
賃貸物件のお部屋探しをする際に、最初のうちはお部屋のことや環境にばかり頭が行ってしまってついつい忘れがちになってしまう部分があります。それは階数などです。1階だとごみ出しやお出掛け時にとても楽チンですが、通りがかった人からお部屋が見えてしまったり、地面にほぼ接しているので虫の侵入を許してしまいやすいという難点があります。それらを対処できるなら大丈夫ですが、虫が苦手な方はなるべく1階を避けた方が無難です。上の階ほど、虫の出現率が低い傾向にあります。知り合いに6階に住んでいた人が居ましたが、窓を開けていても快適に過ごせたそうです。

初めてのご契約なら、もし後々になって気付いた部分は勉強になったと思って前向きに考えられると良いですね。次の時から改善していけば良いんです。完璧な物件は、友人のツテなどがなければなかなか見つけるのは困難だと思います。ちょっとだけ、生活にあまり支障がない部分に関しては妥協しても良いのではないかと思います。その方がお引越し手続きなどの時間に余裕が出来ますし、もし住んでみてどうしても我慢出来なくなったら、ストレスを溜めすぎるのはいけないことなので、契約期間内の早期のうちに退去するという決断を自らに下すのも1つの手です。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.