賃貸物件の管理状態や他の部屋の住人については、共用部分を見るなどで、ある程度事前に知ることができます。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸物件の共用部分には重要な情報があります

PAGETITLE
賃貸マンションなどを借りて暮らし始めると、いろいろなことが分かってきます。契約をする前でも、その物件の立地や間取りについては、確認することは容易にできます。しかし、それ以外の要素の中にも暮らしていくうえで、とても重要になってくることがいくつかあります。その中でも重要なのは、その物件の管理と他の部屋の住人ということができます。

これらは、実際に住んでみないと分からないことだと思われがちですが、ある程度は事前に知ることができます。先ずは、管理に関してですが、これは、管理会社が委託を受けて管理しているのか、それとも大家さんが直接管理しているのかは、契約前に確認することができます。管理会社が請け負っている場合は、他の管理物件などを調べれば、口コミ情報なども集めやすくなります。それ以外のところで見るには、共用部分を見ればある程度は分かります。蛍光灯や電球が切れているというのは管理状態が良いとは言えません。他の部分としては、1階の集合ポストの周辺とかにゴミが散らかっている場合も決して管理が良いとは言えません。更に、そこにゴミ箱があるにもかかわらず、ゴミが散らかっているのであれば、住人のモラルについても問題があるのかもしれません。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.