賃貸マンションを借りる、というのはキチンとした契約行為になります。キチンと契約書を読むことです。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸マンションの借り方について

PAGETITLE
賃貸マンションを借りる、ということは契約行為であり、基本的には契約はお互いに自己責任なのですが、不動産に関してはそうでもないのです。かなり厳しい貸し手の義務があります。説明責任というものがあるのです。売買のときは特に厳しく、問題があることを説明しないと一方的に買い手から破棄できたり、それを解決するように要求できるようになっています。また、問題があることを知らなくても買い手の権利を出来るだけ守ることができるようになっています。そのくらい不動産の契約というものは、受ける側が有利になっています。これは賃貸にも言えることです。賃貸マンションを貸す場合は、必ず説明しないといけないことがあります。そして、それは契約書にも書いてあります。当然のことですが、契約書を読んで決めるわけですが、はっきりいって細かすぎてよく理解できないものです。

ですから、説明責任があるわけです。また、契約行為ですから、未成年が借りる場合は法定代理人の同意も必要になります。意外と知られていないのですが、未成年者は一方的に契約を破棄できます。例外はありますが、そうなっています。ですから、不動産を貸す場合は、あくまで法定代理人とするわけです。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.