土地があるならば、賃貸マンションを作ることを検討することです。そうすれば、不労所得を得られます。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸マンションの経営について

PAGETITLE
土地があるのであれば、そこに賃貸マンションを建てることを検討するとよいです。もちろん、リターンが期待できる、ということが前提ではあります。それなりの金額になりますから、それは当然のことであるといえます。しかし、賃貸マンションを人に貸すことによって利益が出ることは確かですし、上手くすれば相当なリターンが期待できます。言うまでもありませんが、自分で経営するのが基本ではあります。しかし、業者に任せる、と言う手もあります。その方が楽です。ですが、料金を支払う必要がありますが、利益が減ることは確かです。しかしながら、賃貸マンションというものは貸せばよい、というわけではなく、管理をする必要もありますから、実はかなり大変なのです。お金があって、土地があって、そこにマンションを建てればよい、というわけではないのです。

もちろん、自力で経営して、上手く軌道に乗せることも可能です。知識、ノウハウが必要ではありますが、それでも挑戦してみる価値はあります。ちなみに一室は自分の部屋、とすることもできます。意外とそうした大家も多いです。住まいを確保しつつ、人にも貸す、という不動産活用のメリットを最大限、引き出すことができるのです。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.