賃貸物件のマンション等は借りている部屋なので、自分の家とはいえ綺麗に使うべきたというのが自分の考えです。

築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい

賃貸物件はキレイに使いましょう

PAGETITLE
賃貸物件はその名前の通り、物件を借りている訳です。ですから自分の家とはいえ、綺麗に使わなければなりません。それでも自分の知り合いでは子供が壁に落書きをしても平気ですし、柱を傷つけても特に何とも思わないという人がいるのですが、そういう方には結構驚いてしまいます。自分はとにかく壁に穴を開けるのも申し訳ない感じがして、ポスターを貼ったり絵を飾ったりすることも出来ない程です。

唯一壁掛け時計だけはピンを刺して壁にかけている程度です。また、和室の部屋の扉は障子になっているので一年に一回は張替えしています。そういった事を気にしない人にとっては神経質だと思われるかもしれませんが、実際には借りている部屋な訳ですしキレイに使う事は住んでいる自分にとっても良い事だと思います。

子供が壁に落書きをするのは自分の子供もした事がありますからわかります。そんな時はしっかりと怒り躾をして、その後子供と一緒に壁をキレイになるまで拭きました。自分が厳しいのか、壁に落書きを許すのが正解なのかはわかりませんが、自分にとって賃貸物件という物は借りている部屋という認識を持っています。この部屋から出た時には清掃が入って次に住む人の為にもっと綺麗にするのでしょうが、汚れていたりするのは自分も嫌ですので綺麗に使っていきたいと考えています。

Copyright (C)2018築年数の経過した賃貸も工夫を加えてみるといい.All rights reserved.